診療内容

一般整形外科
肩こり・首・背中の痛み、腰痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、手足のしびれ、神経痛、関節痛、五十肩、腱鞘炎、ばね指、外反母趾、痛風、他
リウマチ科
慢性関節リウマチ、膠原病、他
手術療法
巻き爪
外傷・一般外科
打撲、ねんざ、脱臼、むちうち、切り傷、巻き爪、骨軟部腫瘍、他(交通事故、労災も取り扱います)
スポーツ整形
靭帯損傷、半月板損傷(膝)、テニス肘、野球肘、腱板損傷(肩)、肉ばなれ、腰椎分離症、他
骨粗鬆症
骨粗鬆症は骨(骨塩)と骨の質(骨質)から定義されます。当院では骨塩定量検査及び採血検査により骨粗鬆症の状態を チェックします。
また、症例によってはMRI検査により新鮮骨折の有無を評価します。このため患者様によって内服・注射など治療法が異 なってきます。骨折内容において有意差がでておりますので、お悩みの患者様は当院にて個人差に配慮した最適な治療を受けて下さい。
MRI
従来のMRIは閉所恐怖症の方には不向きな検査でした。このため、当院ではオープンMRIを導入いたしました。予約も可能ですが、空いていれば当日の検査も可能です。
椎間版ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などの脊椎疾患はもとより、腫瘍(転移性腫瘍)などの診断が可能です。これらの疾患はレントゲンのみでの確定診断が困難であり、MRIでの診断が重要になっています。
また、外傷(交通事故を含む)の診断にも優れており、レントゲンでは抽出不能な骨折(疲労骨折を含む)や、肩腱板断裂、膝半月板断裂・靭帯損傷、成長期腰椎分離症などの診断も可能です。

>施設紹介へ
リハビリテーション
リハビリ室は広い空間を準備しました。これは、患者様が気持ちよく治療いただくためと考えています。
マッサージ師や理学療法士による治療を中心にスーパーライザー(レーザー治療)、ホットパック、頸椎腰椎牽引器、 ウォーターベットなどを導入しています。
運動器リハビリテーションを積極的に導入し、平行棒などを使用した歩行訓練も可能です。
また、スポーツ外傷や骨折後のリハビリにも対応しています。

>施設紹介へ
CONTENTS|コンテンツ
  • Medical|診療内容
  • Equipment|施設紹介
  • Doctor|ドクター紹介
  • Access|アクセス・診療時間
CONCEPT|コンセプト
CONCEPT|コンセプト